就職活動 役立つ情報

【怪しい?登録するだけ?】最近話題の逆求人サイトを徹底調査!

逆求人サイトの真実

最近、企業からオファーが来るアプリとかサイト見かけるけどあれってどうなの??
そんな意見をよく耳にするので、実態を調査しました。就活ブロガーさのまるです。
さのまる

 

本記事の内容

  • そもそも逆求人サイトとは
  • 企業側に何のメリットがあるのか
  • 本当に企業からオファーが来るのか
  • オススメの逆求人サイト

 

そもそも逆求人サイトって?

逆求人サイトと就活サイトの違い

逆求人サイトとは、文字通り、企業側から就活生にオファーが届くサイトの事を言います。

学生が逆求人サイトで自己アピールし、それに興味を持った企業が学生にダイレクトにアプローチするという流れです。

上図の青で示したイメージになります。

 

逆求人サイトによる学生のメリット

では、逆求人サイトを使う上で、学生にはどんなメリットがあるのでしょうか。

以下に説明していきます。

 

手間が減る

一度自己PR文などを作成すれば、自分の持つ知識やスキルに興味のある企業からオファーをもらえることが増えます。

手当たり次第にアプローチをかける通常の就職活動と比べて手間は少なくなるでしょう。

 

忙しい学生に向いている

自分を高く評価してくれる企業と出会える確率も高まるため、専門的な事を研究している忙しい学生に高いニーズがあります。

スキルはあるけど忙しくて就活に時間を割けないという学生におすすめですね。

 

新しい興味が見つかる

学生は、知らない企業や興味のない業界の企業からアプローチされる場合も多いため、

自身では気付かなかった自分にマッチする企業に出会える可能性があります。

 

自分の自己PRを磨ける

逆求人では自己PRが重要なキーポイントになります。

たくさんの企業からオファーが貰える自己PR文を作成することが出来れば、

就職活動だけでなく就活以降もさまざまな場面で活用できます。

 

どんな企業から注目されているか分かる

逆求人のための専門サイトには、企業に何回閲覧されたかをデータで表示してくれるサービスを提供しているところもあります。

こうしたデータを参考にすると、自分が「どのような企業から注目されているか」を把握できます。

 

逆求人サイトによる企業側のメリット

でもそれだけ聞くと、企業側にメリット無くない??
私もそう感じたので企業側のメリットを調べてみました。
さのまる

 

 

あらゆる地域の学生にアプローチできる

これまでダイレクトにアプローチできるのは、本社や主要都市で開催される企業説明会に参加できる学生に限られていました。

しかし逆求人であれば、それ以外の地方都市に住む学生とも、密度の高いアプローチが可能となります。

 

スキルを活かしたい学生が見つかる

そもそも逆求人サイトに登録している学生は

「自身の能力を評価してくれる企業と出会いたい」

「自身のスキルを活かせる仕事に就きたい」

と考えている学生が多く、比較的就職意欲やスキルの高い学生が集まっていると言えます。

つまり企業側の欲しい人材が見つかりやすい場になっているわけです。

 

説明会などに参加していない人材にもアプローチ出来る

これまでの新卒採用は、自社に興味を持つ学生の中から、企業が採用基準に沿った学生を選ぶスタイルでした。

しかし逆に、自社に興味を持たない多くの学生とは接点を持ちにくいというデメリットがありました。

逆求人は、自社にエントリーはしてないものの、自社の欲する多様な学生と出会えるチャンスの場であると言えます。

 

説明会などの経費削減や時間短縮が出来る

企業側も説明会などで自社を注目してもらうための労力(時間・コスト)は膨大なものになります。

それを削減出来るのであれば、大きなメリットとなります。

 

【実情】本当に企業からオファーは来るのか

では実際に企業からオファーがくるのか、その実情について調べてみました。

以下に、Twitterでの実際の声を載せていきます。

逆求人サイトの口コミ1

実際にオファーが来て、面談した方もいそうですね。

 

逆求人サイトの口コミ2

画像なども使うとよりオファーが来やすいようですね。

 

逆求人サイトの口コミ3

以上を見る限り、しっかりと自己PR文などを書き込めば本当に企業からオファーが来ていることがわかります。

 

しかし、逆求人サイトの種類によっては全くオファーが来ないサイトもあるので、意味のあるサイトを選ぶことが大事になりそうです。

 

じゃあ何の逆求人サイトがオススメなの?
調べた中で取り敢えず登録して間違いないサイトを見つけたので紹介します。
さのまる

 

【厳選】オススメの逆求人サイト3選

取り敢えずこれだけは登録しておくべき

逆求人サイトを3つ紹介しておきます。

 

OfferBox

OfferBoxトップ画面

まずは何と言ってもこのサイトOfferBox

利用学生数はなんと、18万人以上(※2020年6月現在)

就活生の3人に1人が登録しているサイト(3年連続学生利用率No.1)になります。

 

参加している企業も大手からベンチャーまで幅広く在籍しています。

OfferBox参加企業

 

OfferBoxの特徴

  • 適性診断AnalyzeU+を無料で受けることが出来る
  • 企業が学生に送るオファー数に制限あり
  • 文章だけでなく動画や研究スライド、写真を使って自分を表現することが出来る

 

上記の特徴の中で、2つ目の企業側にオファー制限という項目があります。

この項目があるおかげで企業側は真剣に学生を選ぶため、届いたオファーに信頼性があります。

 

もっと詳しく知りたい方は、下記からどうぞ。

漫画で解説

マンガでわかる、就活サイトOfferBox<オファーボックス >OfferBox

 

キミスカ

キミスカトップ

続いて紹介するのがこちら「キミスカ

2020年には10万人の登録が予想されているサイトになります。

登録学生の大学群割合としては、毎年6割以上が国公立GMARCH以上の学生となっています。

 

OfferBoxの特徴

  • 自分の選考状況をアピール出来る
  • 各業界・職種に精通したコンサルタントが多数在籍
  • ユーザーと企業をつなぐ『キミスカLIVE!』が開催している

 

自分の選考状況をPR出来るのが特徴的なサービスです。

例えば、「株式会社○○○の選考で3次面接まで進みました!」というような情報を登録すると、

「○○○の3次面接まで行っているなら私も会ってみたい」と思った企業側の担当者からスカウトメッセージが送られて来ます。

 

 

iroots

irootsトップ画像2

最後に紹介するのがこちら「iroots

こちらのサイトは何と言っても

「選ばれし企業からあなただけにスカウトが届きます。」

という方針のサイトになります。

 

OfferBoxの特徴

  • 利用可能な企業はわずか10%
  • 幼少期から今までの経験を可視化する
  • 50万人以上が受検した性格・価値観診断で自己分析出来る

 

利用可能な企業はわずか10%。

本業公益性・成長環境・透明性の3軸を満たす厳選企業から個別スカウトが届きます。

つまり、ブラック企業と呼ばれるような企業ではなく、本当の優良企業からスカウトが届きます。

しかし、その特性上、オファーは中々来ない傾向にあるようです。

 

 

 

総評

調査してみた結果、逆求人サイトだけに頼るのは不安かもしれませんが、

取り敢えず登録しておくに越したことはないということが分かりました。

 

オファーが届くような自己PRが書ければ、

その自己PR文は企業の興味を引く文章になってると言うことなので、普段の就活にも活かせますね。

 

たくさん登録するのが面倒な方は、

取り敢えずOfferBoxだけでも登録しておくことをオススメします!

無料登録

適性診断から始まるあなたの「強み」を生かした就活OfferBox

以上が、逆求人サイトの調査結果でした。

ぜひ参考にしてみてください!

 

 

 

 

-就職活動, 役立つ情報
-, , ,

© 2022 さのまるブログ Powered by AFFINGER5